人を知る
  1. トップ
  2. 人を知る
  3. 上野係長のインタビュー

上野係長のインタビュー

仕事内容について

介護施設へのご入居を検討されているお客様と最初にやりとりをする、『入居相談係』として勤務しています。
お客様がどんなことにお困りなのか、それに対してどんなケアを提供できるのか…想像力をフルに働かせて、お客様の安心のために提案をし、担当者や介護現場との連携をとっています。
チームワークでお客様をご入居までサポートをできた際の、「ありがとう」のひとことを聞いたときは喜びもひとしおです。
ご事情でご退居をされる際にもお客様に「この施設に入居してよかった」とお言葉をいただけると、介護職員の思いやりや努力の結果と感じ、自分のことのように嬉しくなります。

この仕事で「一番嬉しかったこと」「この仕事に就いて良かった」と思ったこと

入社当時は、介護職員として勤務していました。
自分が見たことのない景色や経験を人生の先輩方から教わり、自分の生き方を見直したいという気持ちがありました。
介護は身体の介助だけではなく、お客様が大切にしてきたことに寄り添う、そう接することで、「その方らしさ」が垣間見えたとき、やりがいを感じることができました。
また、やってみたいことにチャレンジできる会社のため、現職である入居相談係をしながらホームページの制作委員会やデータの管理システムの開発に携わっています。
他部署との関わりを持つことで「こんな見方があるのか」と感じることもあり、広い視野で仕事を楽しむことができています。

ALSOK介護を選んだ理由

介護施設は数多くありますが、未経験でも安心して仕事に取り組める研修や制度がしっかりしていたからです。
実際に内定後、資格取得支援制度を利用してホームヘルパー2級(現介護職員初任者研修)を取得しました。右も左もわからない介護のポイントを吸収するきっかけとなる研修でした。
また、キャリアアップの機会も充実しており、やる気を評価される会社だと感じました。

入社してから現在までのキャリア(部署の異動など)

介護付き有料老人ホーム(1年半)→グループホーム(3か月)→営業部(現職・今年で7年目)

後輩へのメッセージ

お客様を大切にできる会社は、社員を大切にします。ここは人を大切にしてくれる企業かな?とアンテナを張ってみてください。仕事を楽しむことに近づきます。
私は社会人になって、つらいとき、どのように立ち振る舞うと楽しめるか考えるようになりました。
それはいろいろなタイプの人と接することを意識してきた結果だと感じています。
また、仕事に関係ないと思われる好きなものや得意なことも、周りにアピールすることで、思いもよらない評価や機会をいただくこともありました。
社会人になると、今まで想像もしてこなかったことに出会える楽しみがたくさんあります。
みなさんによいご縁がありますように。